社長!もう納品完了していますよね? いつ入金ですか?今でしょ!

ファクタリング活用術無料進呈中 資料請求はこちら

ファクタリングを、会社を伸ばす経営戦略として捉えてみる

会社経営における次へのステップとして、大きな掛売りでの取引を許容できるかどうか。経営者を悩ませる一つの壁がここにあります。ところが、やみくもに掛売りを認めるのは、リスクもあります。しかし、会社をさらに伸ばしていくために、資金はどうしても必要。ファクタリングは、現金化されるまでのタイムラグを限りなく短縮、掛売りで発生する売掛金を素早く現金化し、次なる成長のための投資が出来る資金調達戦略として、注目を集めています。

売掛金があれば、ファクタリングは利用できます!
ワダツミがれば、掛売りを増やしてもOK!

中堅・中小企業にこそ、戦略的なファクタリング活用を

今年、政府(金融庁、経済産業省)から経団連へ動産・売掛債権の活用促進に向けた協力要請も出ております。

売掛債権担保融資とファクタリングの比較

売掛金の何%が使えるの??

売掛債権担保融資が30%~60%なのに対し、ファクタリングは80%~90%

売掛金の額に対して、調達に活用できる金額が、圧倒的にファクタリングの方が、多いです

未入金・未回収のリスク

売掛債権担保融資があるのに対し、ファクタリングはゼロ

弊社のファクタリングは、ノンリコースなので、未入金、未回収のリスクは、ゼロです。

安心して掛売り・掛取引が出来れば、売上アップ!
そして掛売りで発生した売掛金をファクタリングすれば、資金調達も安心!!

ワダツミのお取引企業 業種別グラフ分布図

ワダツミのお取引企業 業種別グラフ分布図業界毎の商慣習を理解し、お客様のお取引先との事情を考慮しながら対応させていただきます!

金融円滑化法をご利用されていても、全く問題ありません!

どんどん、掛売り・掛取引をして売上をアップしましょう!

ご相談・お問い合わせはこちらから

03-3518-9997

120年ぶりの民法大改正!

現在法務省では、2015年の改正をめざし民法の契約ルールに関する見直しが進められています。その中で債権の譲渡禁止特約が債権譲渡できるように効力を弱める試案が進んでいます。これによって、売掛金を第三者に譲渡して、運転資金の調達をしやすくなります。

お客様支援体制

お客様支援体制 お客様、そして、お取引先様 (売掛先)が、安心して使って 頂けるサービスを目指して、  保険会社、銀行、証券会社と、 万全のチーム体制を組んで、 取り組んでおります。

でんさいねっとスタート!

でんさいねっと2013年2月18日より全国銀行協会(全銀協)傘下の「全銀電子債権ネットワーク」は、手形を電子化した電子記録債権をインターネット上で取り扱うサービス「でんさいネット」の運用を開始しております。これにより、手形の発行にかかる印紙代金や郵送費用が不要になり、発行企業の負担が減少するのと同時に、手形の電子化により、手形の紛失や盗難の危険性がなくなるほか、債権者による集金作業も不要になります。

また、なんといっても手形を分割して譲渡することも可能。中小企業の資金調達の手段も広がります。

売掛金を資金調達に活用するのは、当たり前の時代!

でんさい割引は、即日、対応可能です!

お客様の声

お客様の声

業種:運輸業 業歴:15年 エリア:関東圏 従業員数45名

独立して、物流会社を経営して、15年になります。従業員は、45人、自社トラックは約30台。
関東圏を中心に中堅・同業からの下請け企業として頑張っています。

資金繰りについては、主に、元請け企業からの支払サイトが、月末締め後、45日、60日が中心で、掛売りが前提の仕事を請けていました。もちろん、人件費や燃料代については、何とか資金調達を行ってやりくりをしてきましたが、景気が良くなって来たこともあり、仕事量が増えてくると、前向きな運転資金が必要になってきました。しかも、当然取引先は、掛売り・掛取引を要求してきます。
しかし、こういう時期だからこそ、人も車もフルに活用して、売上や利益を増やしたい、また、一部は外注に出してでも仕事を請けて、会社を大きく成長させたいと考えていました。

ただ、中小企業金融円滑化法(モラトリアム法案)を活用していたこともあり、地域の金融機関からは、運転資金としての新規の資金調達は難しい状況でした。

そんなときに、何か良い方法は無いかと、売掛金、資金調達、という言葉をネットで検索をしていると、ファクタリングを行っているワダツミさんが目につき、問い合わせしてみました。

ワダツミさんのホームページには、売掛金を買取し、先払いという形で、資金化する資金調達方法、ファクタリングについて、細かく説明が書いてありましたが、とにかく、本当に利用出来るのか、はじめは半信半疑でした。

そして、面談をして、売掛先企業をまず1次審査してもらって、即日OKの連絡を頂きました。
中小企業金融円滑化法を活用している当社としては、驚きの対応でした。しかも、手数料や、諸経費も、面談後の1次審査OKの連絡の際に、見積書を提示してもらったので、安心できました。
また、1次審査をお願いした売掛先は、当社の売り上げの中でも、2番目と3番目の会社を選びました。
売掛先企業を、当社が選択出来るのも魅力の一つです。

その後、売掛先企業へ、ワダツミさんとご一緒にご挨拶に伺いました。
正直、ドキドキしましたが、ワダツミの社員の方は、先方の社長、役員の方が、すぐに納得出来る資料を提示して頂いたうえ、法律的な話もきっちり説明してくれたので、スムーズにファクタリング契約が出来、売掛金の先払い実行に至りました。

そして、今では、契約当時からすると売上は2倍に伸びています。
そりゃぁそうですね、入金サイトが45日、60日あったものが、月末締めて10日には入金される訳ですから、確実に資金繰りが良くなって、安心して商売を厚く出来る。今まで、仕事を請けるかどうか迷っていた仕事も安心して受注できる。ただそれだけです。
また、新規取引であっても、掛売り・掛取引を前提に商談をして、掛売り可能かどうかはワダツミさんに審査をしてもらえるので、本当に楽になりました。

そして、もう一つ。
ワダツミさんは、売掛先企業に対して、ファクタリング(資金調達)の枠を事前に提示してくれます。
だから、この取引先に対しては、例えば、月間3,000万円まで、掛売り・掛取引をしても大丈夫、ファクタリングでの先払いもOKだから、どんどん営業しよう!と思えます。

ワダツミさんから提示のあるファクタリングの契約金額の枠までは、人件費や燃料代金、外注業者さんへの下請け代金支払い、等の、資金繰りの心配は一切無しになりました。
万一、掛売りをしていて、取引先が倒産した場合にも、ワダツミさんのファクタリングには保証がついていますので、何の心配もありませんしね。

これからも宜しくお願いします!!

ご相談・お問い合わせはこちらから

03-3518-9997

買取までの流れ

最短3日で実行可能※最終審査終了で可決の場合、売掛先企業様にファクタリング取引のご承諾書類をいただければ、最短3日でご利用可能です。

いま、お困りの問題をお聞かせください。金融円滑化法を利用中の方、銀行の返済をリスケ中の方、税金分割支払い中の方、他社で売掛債権担保融資をご利用中の方、まずはお問い合わせください!

ワダツミが積み上げてきたファクタリングの活用方法をわかりやすく説明させて頂きます。

最後にもうひとつ!ワダツミのファクタリングが、圧倒的に経営上、銀行取引上、有利なポイントがあります。金融機関からの支援体制があるからこそ、判る、決定的なポイントです。この秘訣も是非お問い合わせください!!

ご相談・お問い合わせはこちら03-3518-9997

お問い合わせ

御  社  名   (ワダツミ株式会社)
代 表 者 氏 名 (海神 太郎)
メ ー ル ア ド レ ス (info@wadatsumi.co.jp)
電  話  番  号  (03-3518-9997)
折り返しの連絡方法 電話 メール どちらでも
ご  質  問  

利用規約および個人情報の取り扱いについて

上記個人情報取り扱いに同意します

お問い合わせ頂いた方全員にノウハウを凝縮した手引き「正しいファクタリング」をプレゼント中!

ワダツミ株式会社

COPYRIGHT (C) WADATSUMI, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

運営会社ページトップ